変革屋が変革をしない世界
代表・佐々木裕子より 2019新年のご挨拶

2019.1.7

2019.1.7 ChangeWAVE

謹んで新春の祝詞を申し上げます。
昨年はひとかたならぬご高配を賜りまして、誠にありがとうございました。

株式会社チェンジウェーブ、代表取締役社長の佐々木裕子より、新年のご挨拶を申し上げます。

変革屋が変革をしない世界へ

2009年。アメリカで史上初の黒人大統領が誕生した瞬間から、
「これから世の中は大きく変わる」と確信し、変革屋チェンジウェーブは始まりました。
お陰様で、今年で弊社は、創業10年目を迎えます。

翻ってみると、確かに世の中も大きく変わってきましたが、
この10年で一番感じている身近な変化は、私たち自身の視界の変化かもしれません。

多様性推進や経営変革で多くの企業の皆さまと関わらせていただく中で、
「変革屋が変革をしない世界」を創りたい、と思うようになりました。

娘が誕生し、母として、親としても、「人が進化していく」というメカニズムの本質を、
とことん追求してみたいと思うようになりました。

様々な分野の素敵な方々と出会い、営業変革(新世代エイジョカレッジ)や地方創生(MICHIKARA)、教育変革(島根県の教員研修、つくば市/東京学芸大学/リクルートマーケティングパートナーズとの協働研究)、介護に関する変革(株式会社リクシス創業)など、それまで想像だにしなかった変革に、数多く挑戦させていただける幸運を得ました。

各学術分野の先生方と協働・議論させて頂く中で、「物事を科学する」ことの重要性を、より強く感じるようになりました。

昨年はe-learning ツール「ANGLE」(無意識バイアス編)をローンチさせていただきました。
変革のメカニズムとITを結び付ける、チェンジウェーブとしては初の試みでしたが、半年で1600名を超える受講者の皆さまの軌跡を分析し、「ITで、人の行動・意識変革は起こしうる」との強い確信を持ちました。
このプロセスで得た洞察は、関連会社リクシスからローンチした仕事と介護の両立支援システム(LCAT)にも、色濃く反映されています。

創業10周年となる本年は、変革屋チェンジウェーブにとって大きな節目の年となります。
変革を徹底的に「科学する」。
「変革屋が変革をしない」仕掛けを創る。
これまで積み重ねてきた変革の経験と、テクノロジー・学術研究を組み合わせていくことで、
より数多くの方々に、より幅広い領域に、再現性のある変革を生み出していきたい。

今日から新しい10年を迎えるにあたり、変革屋チェンジウェーブは、そんな想いを胸に、
皆さまとともに発進して参りたいと存じます。

今後ともこれまで以上のご指導ご鞭撻を頂戴できましたら大変に幸甚です。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

佐々木裕子 拝

2018年のチェンジウェーブの軌跡

2018年の取り組みの一部を下記に挙げさせていただきました。ご笑覧ください。

ChangeWAVE

close
Company Recruit Magazine MISSION SERVICE PRODUCT MEMBER ARTICLE MEDIA CONTACT