Inner MOVEMENT

START START

あと何度、知らない自分に気付けるのか。

誰かが、言った。「残りの人生が30年だとすると、1週間はあと1500回しかやってこない」。少し、立ち止まってみた。自分自身のポテンシャルは、すべて引き出せているのだろうか。あえて目を背けていた自分が、まだ心の奥にはあるのではないか。昨日より、今日が圧倒的に輝くこと。明日の景色が、大きく違って見えること。そんな自分を、この先もずっと、見つけていきたいと思う。

一人の明日と、組織の明日は、かならず、結ばれる。

多様化を受容する型や制度を用意することが、本当の意味でのダイバーシティの価値だろうか。一人ひとりが、自分だけの物語を、自分で描いていくこと。そうしてはじめて、組織のポテンシャルが飛躍的に伸びるのだと思う。そのために、時には、自分自身にプレッシャーすら与え、固定観念が拭えるよう、心をストレッチし続けることだ。新しく変わった自分が、物語のゴールを指差してくれる。ゴールが見えると、人は変わる。リアルなビジネスの場に、新しい成果が生まれる。個々の多様化と組織の戦略化は、もっとつながる。

もっと変える。その覚悟で、この世の中はできている。

21世紀は、あまりにも変化が激しい不確実な未来。人や組織の多様化は、これまで以上に活発なものとなる。ものすごく創造性があり、ものすごく豊かな未来を、一人ひとりが、実現すべき時代なのではないか。だからこそ今、変わるための心構えが必要だと思う。自分の専門性を、どこに置くか。どんなライフスタイルで、どう働くのか。人生のビジョンとは、いったい何なのか。問い続けた先に、必ず見えてくるものがある。次の社会と自分をつなぐ、特別な物語。

CLOSE

Inner MOVEMENT

START START
個人を問う

あと何度、知らない自分に気付けるのか。

誰かが、言った。「残りの人生が30年だとすると、1週間はあと1500回しかやってこない」。少し、立ち止まってみた。自分自身のポテンシャルは、すべて引き出せているのだろうか。あえて目を背けていた自分が、まだ心の奥にはあるのではないか。昨日より、今日が圧倒的に輝くこと。明日の景色が、大きく違って見えること。そんな自分を、この先もずっと、見つけていきたいと思う。

組織を問う

一人の明日と、組織の明日は、かならず、結ばれる。

多様化を受容する型や制度を用意することが、本当の意味でのダイバーシティの価値だろうか。一人ひとりが、自分だけの物語を、自分で描いていくこと。そうしてはじめて、組織のポテンシャルが飛躍的に伸びるのだと思う。そのために、時には、自分自身にプレッシャーすら与え、固定観念が拭えるよう、心をストレッチし続けることだ。新しく変わった自分が、物語のゴールを指差してくれる。ゴールが見えると、人は変わる。リアルなビジネスの場に、新しい成果が生まれる。個々の多様化と組織の戦略化は、もっとつながる。

社会を問う

もっと変える。その覚悟で、この世の中はできている。

21世紀は、あまりにも変化が激しい不確実な未来。人や組織の多様化は、これまで以上に活発なものとなる。ものすごく創造性があり、ものすごく豊かな未来を、一人ひとりが、実現すべき時代なのではないか。だからこそ今、変わるための心構えが必要だと思う。自分の専門性を、どこに置くか。どんなライフスタイルで、どう働くのか。人生のビジョンとは、いったい何なのか。問い続けた先に、必ず見えてくるものがある。次の社会と自分をつなぐ、特別な物語。

CLOSE
  • Information
  • Column
  • Report
  • 働き方
  • ダイバーシティ推進

ChangeWAVE

close